トーク最高!。

[喜怒哀楽な毎日] 2018/10/15 - 10:49 by nimo

昨日は午前中に池袋のロフトと新宿の世界堂&紀伊國屋書店に行き、
ランチに天丼とかけうどんのセットを食べて(おっさんか :lol: :lol: :lol: )
エネルギー補給をたっぷりこんこんした後に、コチラヘGO〜☆
ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

20181015_094355.jpeg

中村獅童さんの爆笑トークを楽しんできました〜\(^▽^)/

黒のスーツにソフトモヒカン、スラッと背も高くお声も素晴らしい
獅童さん。
拝みたくなる程の至近距離で見たけど、いやいやねぇ…。

めちゃくちゃカッコ良かったですぅ〜♡(〃⌒ー⌒〃)♡

9月に七之助様♡と一緒に行ったパリ公演の話を中心に、海老蔵さん
ネタや中村勘三郎さんや坂東三津五郎さんとの思い出話、これからの
歌舞伎について、若手の歌舞伎役者への期待、家族のコト…etc,etc

時間は1時間の予定だったんだけど、司会者が
「そろそろ終わりの時間が近づいてきましたが…。」
とまとめに入ろうとしても、次から次へと話が止まらず。
きっと話し好きな人なんだろうね(⌒-⌒)

パリから帰国後あちこちのメディアのインタビューでは
「フランスは最高でした(* ̄ー ̄)」
と話していたらしいんだけど、どうも実際は違ったようでして。

「やっと本音が喋れるよ(`ー´)」
ってコトで始まった、フランスへの文句たっぷりマシンガントーク。
これがまた爆笑・爆笑・大爆笑 :lol: :lol: :lol:

ここだけ話って感じだったから詳細は書かないけど、何時間でも
聞いていられるくらいおかしいのなんの。
身振り手振りを交え時には声を張り上げてのネタ放出に、きっと
参加したお客さん全員が大満足だったんじゃないかな。

仲の良い海老蔵さんとの話になると今度は海老蔵さんのモノマネが
炸裂するんだけど、これがまた超絶そっくりでお腹が破れるんじゃ
ないかってくらい笑った、笑った :lol: :lol: :lol:

もちろん笑いだけではなく、真面目な話もありましたよ。

去年生まれた息子さんの話になるとデレデレの顔になるけど、
前妻(女優・竹内結子さん)との間のご長男の話になると別々に
暮らしてはいるもののしっかりとお父さんの務めを果たしている
そうで、その辺のコトも割とオープンに話されていたかな :roll:

今の若手の歌舞伎役者さんたちはみんな器用で演じる技術はとても
高い、ただ歌舞伎は技術だけで演じるものではない、技術ももちろん
必要だけど『心』で演じられる役者になって欲しい、とも。
それは獅童さんご自身が、勘三郎さんからや玉三郎さんから言われた
言葉だそうです。

20181015_103332.jpeg
『ゆめの楽園』より
ファーバーカステルポリクロモス使用

トークの最後に、
「最近は『夢』って死語になっちゃったのかな…?若い子たちって
あまり使わないでしょ。でも『夢』って絶対に大切だと思うんだよね。
自分も持ち続けたいし、歌舞伎を通してお客さんに『夢』をたくさん
与えられたらなぁってホント思うし。」
としみじみ言ってたのが、印象的だったかな。

その後突然、
「まぁ今日は色々喋ったけど、パリ、また行きたいです(*`▽´*)」
と、大嘘ぶっこいてたあたりが獅童さんらしくて良かったです。

是非また機会があったら参加したいな。
笑いあり、考えさせられる話あり、心にしみる話ありで、とても
有意義な時間が過せました(*^^*)

掛け布団登場。

[喜怒哀楽な毎日] 2018/10/14 - 09:22 by nimo

おとといの夜まではタオルケット1枚で寝ていましたが、さすがに
昨日は掛け布団を出しました。

うっす薄の羽毛布団さん、猛烈に気持ち良かったです :mrgreen:

実は、数ヶ月前から夜になると体が火照り出すように。
うーん、時間にすると10時前後くらいかな :roll:

急にカーッッ!と全身が熱くなって首まわりやおでこが汗でベトつき
始めるのでエアコンのドライをガンガンにつけまくるというね、
そんな毎日です。

なので掛け布団も
「もしかしたら汗だくになるんじゃ…( ˘•ω•˘ )」
っていう懸念もあったんだけど、それは全くありませんでした。

体の火照りもアレでしょ、きっと更年期だからだよね。

この歳になって起こり始める不調をなんでもかんでも更年期障害って
コトにしちゃうのも良くないんだろうけど、いちいち気にしてたら
疲れちゃうし。

「はいはい、更年期でーす(*・ω・*)」なノリでいいかな…と。

20181014_091750.jpeg
『海の楽園』より
ファーバーカステルポリクロモス使用

気温が上がったり下がったりの日が続いてきたけど、どうやらもう
夏物は完全にしまってもよろしいようで。

気象予報士さんもそう言ってました。

その言葉を信じて、ガチに衣替えしようと思います。

初役・揚巻。

[喜怒哀楽な毎日] 2018/10/13 - 10:51 by nimo

今月の歌舞伎座は『芸術祭十月大歌舞伎』。
十八世中村勘三郎さんの七回忌追善公演です。

そして昨日、夜の部を観てきました。
20181013_093227.jpeg

大河ドラマの撮影で、長い間歌舞伎の舞台から離れていた勘九郎さん。
今月はお父さんの追善公演だからね、もちろん出演されてますよ :razz:

ただ…。

大河の役作りのせいなんだろうけど、めちゃめちゃ痩せててちょっと
ビックリ!!
体は薄っぺら&手足は細く頬骨が飛び出てて、お顔も小さくなった
ような気が…。

「早く撮影が終わって本業の歌舞伎に専念出来るといいのになぁ〜 :sad:
と、正直思ったかも。

夜の部で七之助様♡は『助六曲輪初花桜(すけろくくるわのはつざくら)』に
登場 :oops: :oops: :oops:

片岡仁左衛門さん演じる助六の恋人・吉原の花魁揚巻は、七之助様♡に
とっては初役です。

歌舞伎の衣裳の中で最も絢爛豪華と言われているのが、揚巻の衣裳。
お芝居の冒頭、ほろ酔い気分で花道に登場した時の打掛は背中に
伊勢海老、橙、門松とお正月飾りがあり、体の前に大きく垂らした
帯には鯉の滝登りの刺繍が。

衣装だけでも約30kg、鬘が2kg、下駄が3kg。
これだけの重さのものを身につけて、あれだけ自然に艶っぽく
振る舞えるなんてね、女方の役者さんはスゴいですよ :shock: :shock: :shock:

ついつい衣装に目が行きがちだったけど、七之助様♡の表情も
ホント、綺麗だったなぁ〜 :oops:
助六の悪口を言うジイさんに悪態をつく時なんて、気の強さ全開で
目力が強いのなんの。
オペラグラス越しに見てても、背中がゾゾゾ〜( ̄  ̄lll)
 
今月の舞台写真、一体何枚買うコトになるんだろうな :roll:
今回ばかりは思いっきり買いまくりますよ、絶対に。
だってね、その価値アリアリだから(*`・ω・)v

途中休憩なしで約2時間ぶっ通しの助六。
終盤に観客が飽きないようにとユーモアたっぷりな場面があるんだ
けど、そこに登場したのが坂東彌十郎さん。

仁左衛門さんと勘九郎さんを面白可笑しくイジりまくり、最後花道を
引き上げる時に途中立ち止まって天を仰ぎ、
「十八世〜!二人のご子息、お孫さん、一門の皆さん、みんな元気に
頑張っていますよ〜!安心して下さいね〜!!」

これにはもう、場内から大きな大きな温かい拍手がわき起こり、
しばらく鳴り止まなかったよね。

七之助様♡演じる揚巻の綺麗さに感動しまくって涙が出そうなのを
必死に堪えながら観てたんだけど、彌十郎さんのこの言葉でもう
完全に涙腺が決壊 :cry: :cry: :cry:

たぶん初めてじゃないかな、歌舞伎座であんなに泣いたの。

春に海老蔵さんの助六も観たけど、あの時は助六のカッコ良さだけが
際立ってたのに対して昨日のはなんて言えばイイのかな…( ̄、 ̄=)
舞台に立っていた人たち全員が主役、ひとりひとりの優しい気持ちが
お芝居を包んでいるような、そんな風に感じたかも。

1階ロビーには勘三郎さん七回忌追善の祭壇がしつらえられていました。
20181013_104158.jpeg
手を合わせてるお客さんもいっぱいでしたよ。

歌舞伎歴はまだまだ浅い私だけど、勘三郎さんの舞台はこの目で一度
観たかったなぁ…(´・ω・`)
出来れば、お腹の底からゲラゲラ笑えるような演目で。

まぁでもね、シネマ歌舞伎で観れるから。
これからも勘三郎さんの作品をたくさん上映してくれますように。