か…硬い( ̄ロ ̄lll)。

以前、生協のカタログを見ていた時のコト。

ドイツ・ステッドラー社の色鉛筆『ノリスクラブ色鉛筆
36色セット ジョハンナ・バスフォードバージョン』とやらが
大特価セールというコトで、やけっぱちみたいな投げ売り価格
で載っていました。

既に同社の色鉛筆で『水彩色鉛筆カラトアクェレル60色』を
持ってはいるんだけど、アホみたいに安かったしちょっと
種類も違うようだから色味も変化あるのかな :roll: と思い、
注文してもらったんだけど。

20170831_090502.jpg
(ババがついでにと塗り絵用の消しゴムまで買ってくれました。
一生使っていられそう :lol: :lol: :lol: )

60色のカラトさんの方は芯が柔らかめで、私の手の力でも
程よく濃く発色してくれる非常に有難い色鉛筆なんです。
(一昨日アップしたanimorphiaの塗り絵で使用)

…がっっ!

このノリスクラブさん、芯がめっちゃ硬い( ̄◇ ̄;) :!: :!:
色によっては柔らかめのもあるんだけど、ほぼほぼ硬いね。

芯が硬い=紙に色が乗らず、薄づきになっちゃうんだよなぁ。
あと、ちょっとツルツル系の紙は全くもってNG、ベージュ
なんて塗ってんだか塗ってないんだか…って感じ :sad:

まぁ、塗っても塗っても芯が減らない&丸くならないって
いう利点?はあるけど…う〜ん( ̄へ ̄|||)

大判で塗るトコの面積が多い本だと時間かかって仕方ない
ので、なるべく小さめの本を選んで塗り塗りφ(・_・”)

仕上がりはこんな感じ☆
2点とも「森の王国 福田利之塗り絵BOOK」より。
20170831_092629.jpg
 
20170831_092656.jpg

色的には優しいほんわかした雰囲気があって、嫌いではない
かな。ただ、やっぱ薄いよね( ̄ω ̄;)

上の塗り絵で右上に赤い模様の猫ちゃんいるでしょ?
あれで体の色は黒だからね。濃いグレーじゃなくて、黒。
あれを力入れて真っ黒に塗るってなったら、どうだろう?
私の手、もげてるんじゃないかな :lol: :lol: :lol:

ま、ふんわりモードで塗りたい時に使おうと思ってます。

相変わらず下手っぴなくせに、色鉛筆の種類と塗り絵本の
数だけは恐ろしいくらいに増えましたよ。
世間的にはきっとドン引きモード炸裂だろうなぁ〜 :cool:

近々それらをご紹介出来れば…と。

Leave a Reply